サプリメントの〇〇〇のエキスという言葉をよく見ます。今回このエキスについて調べてみました。

エキスとは英語の 「EXTRACT」で「有効成分を抜き出したもの、抽出物」等の意味です。

エキスだから液〇というようの液体のようなイメージがありますが、エキスには2種類あります。

水飴のようなま『軟エキス』と粉状の『乾燥エキス』があります。

ざっと簡単なイメージの説明になります。もしも間違っていたらごめんなさい。

軟エキスとは、
原材料を液体(水等)で煮込んだりしますと、原材料から液体(水分)がでますね。これがエキスです。
(必ずしも煮込むのではなくて、単に長い期間液体の中に浸してゆっくり抽出する方法もあります。)

この煮汁がエキスになります、ここからある程度まで水分を蒸発させて加工してカプセルにしたものがサプリです。

エキスで身近なものには、緑茶ですね。茶葉を急須にいれれてお湯を注いでお茶を飲んでいます。
これはお茶のエキスを飲んでいるということになります。

 

乾燥エキスとは、
インスタントコーヒーが有名です。コーヒー豆の抽出液を粉末と混ぜてインスタントコーヒーが出来上がりという感じですね。

一度、コーヒー豆で飲料水コーヒーを作って、その液体に粉末を入れて水分を蒸発させています。

だからインスタントコーヒーには、あまり香りや美味さがなくなるのも当然です。

仮にこの粉末を、錠剤等に加工すればコーヒーエキスサプリなんかができちゃうことになります。

コーヒーの場合は、乾燥エキスよりも、出来立ての軟エキス?のほうのが美味しいですよね。

サプリでエキスと書いてあった場合、錠剤とカプセルでは全く別物なのです。

個人的には、錠剤のエキスはちょっと思っています。

 

 

おすすめの記事