サプリの本場といえば、アメリカというイメージが強いです。

アメリカのサプリは日本のサプリとは効き目が違う。

アメリカは日本に比べると厳しいチェック制度があるからです。

なぜ、厳しいい制度がある原因は、健康保険制度に原因があると思われます。

日本では健康保険に入れば、3割負担で済むから病院に行くことができますが、アメリカでは日本のような健康保険制度がない為、10割負担です。

簡単に病院に行くことができない為、予防医療の考えが根付いています。予防医学の役目をサプリがしています。

日本のサプリの場合は、血圧が下がるとか、痩せるとか、血糖値が下がる等の効果を健康食品のラベルに記載することは出来ないが、アメリカの場合はちゃんとした証明書があれば記載することができます。

日本の場合は、サプリは健康補助食品ですが、アメリカの場合は、健康食品と薬の中間の位置に属しています。

根本的な部分が違うのです。

日本では、誰でも健康食品を作れる事ができちゃうんです。だって健康補助食品ですから。

日本でも、アメリカのようにちゃんとした効果効能を証明したサプリがもっと多く出てきて欲しいですね。

 

 

おすすめの記事